キュウ 単独公演

第三回キュウ単独公演『猫の噛む林檎は熟能く拭く』(ねこのかむりんごはつくづくよくふく)

独特のスローテンポで不条理漫才を繰り出すコンビ、キュウの第三回単独公演『猫の噛む林檎は熟能く拭く』

(ねこのかむりんごはつくづくよくふく)が8月6日(火)に座・高円寺2にて開催決定いたしました。

 

オープニングのアニメ、音楽、フライヤーデザインと、コンセプト統一した新作漫才の単独公演で、チラシのビジュアルから表現される独特の世界観、メッセージ。そのイメージの期待を裏切らない、“あるテーマ”に貫かれた、他にはない漫才の単独公演となります。

 

前回単独公演『時空無きモノ』(2018.12.14)は、エンディングトークから始まり、新作漫才7本を下ろした後に、オープニングトークで終わり、回想シーンから始まる映画の様な時間を遡る構成。
“タイムワープを体験出来るライブ”がテーマでした。

 

またタイトル『時空無きモノ(zikunakimono)』のアナグラム(言葉の入れ替え遊び)が『生き物図鑑(ikimonozukan)』で、“生き物の名前を100個入れる”というもう一つのテーマが隠れており、「セリフに含まれる生き物の数が変わらない様に、セリフを一語一句変える事が出来ない」というチャレンジに貫かれていたライブでもありました。このテーマのヒントは、フライヤーデザインに表れていましたが、解読した人はいなかったとのこと。

 

芸人になる前は本気で漫画家を目指していたぴろと、巨大本棚5台と押し入れに入り切らない程の漫画本を収集する清水の2人「キュウ」。

今回のタイトル『猫の噛む林檎は熟能く拭く』(ねこのかむりんごはつくづくよくふく)とは?
フライヤー裏面の鉄格子にしがみつく2人の全裸の意味は!?
全新作のネタはもちろん、謎を楽しみにライブにお運び下さい!

 

 

 

【キュウ・コメント】

僕にとって単独公演は、今自分が考えられる1番凝った”作りもの”を観せられる場所です。なので1つ1つの漫才はもちろんのこと、ライブ全体にも、隅々まで大きく広げた何かしらの仕掛けを考えいて、それがそのまま”僕らが単独公演をする理由”になっております。

2時間弱の時間、一緒に現を抜かしましょう!

ぴろ(左)

 

単独ライブでしか味わえないキュウがそこにはあります!

そして生でしか味わえない驚きと感動を堪能しに是非ともお越し下さい!

見所は清水の変幻自在っぷりです!

清水(右)

 

 

 

 

【タイトル】

第三回キュウ単独公演『猫の噛む林檎は熟能く拭く』(ねこのかむりんごはつくづくよくふく)

 

【作・演出・出演】

キュウ(ぴろ・清水)

 

【日時】

2019年8月6日(火)19:00開場 19:30開演

 

【会場】

座・高円寺2(〒166-0002杉並区高円寺北2-1-2)

◆JR高円寺駅より徒歩5分

 

【チケット】

前売 2,500円 ・ 当日 3,000円 (整理番号付き自由席)

 

【先行発売】

公式ファンクラブ・タイタンハッピー先行予約

先行期間:4月26日(金)13:00~5月7日(火)23:00まで・

抽選発表:5月8日(水)

振込期間:5月8日(水)〜5月12日(日)23:59まで

 

【一般発売】

5月18日(土)am10:00より

  • ローソンチケット:Lコード:31333

Lコード予約電話番号 0570-084-003 ローチケ.com

 

前回単独公演より

 

【キュウ・プロフィール】

「タイタンハッピーはこちら」